社会インフラ・エネルギー分野の部品、部材評価

風車

社会インフラ整備・エネルギー分野におけるプラント施設などでは、各種構成部材・部品が様々な環境の下で使用されます。検討段階、設計段階、そして建設後、経年変化段階で生じる素材・部品に関する技術課題に対して、幅広い技術メニューで対応します。

社会インフラ

新日鐵住金グループの、道路、河川、港湾、ライフラインなどの老朽インフラ設備の点検・診断、補修・補強、更新・新設に関するソリューションを提案サイトこちらから。

新日鐵住金グループのインフラ老朽化対策ソリューション

素材基礎特性評価試験 各種材料の機械特性物性値強度評価耐食性評価を行います。
新材料開発支援
(試作・材料特性評価)
溶解(真空溶解・特殊溶解)、鍛造・圧延、熱処理、各種機械試験、溶接までの一貫評価を行います。
特殊環境試験
 □高温環境下試験
 □腐食環境下試験
 □高圧環境下試験
 □構造部材大型試験・寿命診断

新日鉄住金(株)で永年培われた技術を基に、巨大構造物やプラント施設の材料・実体評価試験機を所有しています。

用途・目的に沿ってご相談に応じます。

 □トライボロジー(摩擦・磨耗)試験 材料の摩擦、磨耗に関わるトライボロジーの試験・解析を行います。また特有の条件で試験が可能な試験装置のエンジニアリングも行います。
現地非破壊検査 現地に赴いて、構造物の健全性を様々な非破壊検査装置を用いて測定します。
溶接寿命延命処理 超音波振動による打撃を溶接部に加え、応力状態および金属組織を改善します。溶接止端部を処理することにより、疲労強度が向上します。
破損・破壊・腐食原因解析 生産設備、構造物などにおいては、ある想定使用期間よりも早期に損傷する 場合があります。不幸にして発生してしまった場合、その原因を追求・解明し 対策を講じることが事故の再発防止上、重要となります。原因の調査・究明を 支援し、対策案の立案に協力します。→注目技術「事故解析」参照
数値解析によるシミュレーション

骨組み構造、板・シェル構造、3次元ソリッド構造 等の構造解析(応力・変形)・伝熱解析、また非圧縮性流体(水、油、溶鋼 等)・圧縮性流体(気体一般)の流体解析を行います。

その他、物流シュミレーションやプロセスシミュレーションも可能です。

技術コンサルティング

多くの技術課題は、一つの要素技術のみでは片付かない複合的な要因を含んでいます。例えば、橋梁のような大型構造物の損傷があった場合、その原因を探り、対策を講じるには、解析技術、材料技術、数値解析技術、非破壊検査技術を駆使して、かつ総合的な取り組み、解析・考察が必要です。

当社はそれぞれの要素技術を保有しており、総合的コンサルティングが可能です。

お気軽にお問合せください