商業施設の出店

概要

百貨店、ショッピングセンターの新設、既存店舗の変更(営業時間延長等)等、売場面積が1000m2を越える店舗の新設あるいは変更時には、いわゆる環境アセスメントに類する調査書の提出が義務付けられています。事業者は、商業施設の出店に伴う周辺地域の生活環境への影響について予め十分な調査・予測を行い、具体的な対応策を提示する必要があります。

関係法令など

手続フロー(北九州市の例)

★印が受託・対応可能な業務です。北九州市での基本的な手続きは概ね以下のとおりです。事業内容や自治体により制度が異なる場合があります。

  • 手続フロー
  • 出典

    北九州市大規模小売店舗立地法事務手引書をもとに作成。

調査の内容

  • 調査の基本的な進め方
  • 調査の基本的な進め方
  • 調査項目

    交通、騒音、廃棄物、街並み等、施設の新設あるいは変更が周辺地域における生活環境への影響について、予め十分な調査・予測を行います。

業務受託の内容

  • 関連情報・資料の収集
  • 基本調査計画の企画立案、実施
  • 交通・騒音に関する調査・予測・評価
  • 環境配慮事項の検討、対応策の提案
  • 行政(申請先)への対応(協議、調整等)
  • 説明会への対応(書類準備、説明等)
  • 意見書等へのアドバイス
  • 申請書類の作成支援
  • 手続き全般に関するコンサルティング
お気軽にお問合せください