調査・企画(環境・エネルギー・循環型社会計画)

概要

環境・リサイクル・エネルギーに関する文献・インターネット調査、聞き取り・アンケート調査、政策提言、フィージビリティ調査などを行います。

またホームドクター型コンサルティングとして、市場調査、CSR、廃棄物、省エネルギー、循環型社会構築に向けた調査、コンサルティングを行います。

弊社はシンクタンク機能とドゥータンク機能をあわせ持つコンサルティング会社です。

内容

分野 調査名など 内容
環境調和型、資源循環型計画、
環境負荷低減技術など
環境調和型地域開発促進調査 まちづくりにおける有効な技術システムの検討
PCB処理に関する調査 PCB保管状況、処理技術などの動向
廃棄物交換制度の実態調査 廃棄物交換の実態及び支援制度の現状と課題
土壌汚染対策に関する調査 土壌汚染対策の現状、ケーススタディ、浄化技術の動向
環境ビジネス、IT活用、協業、
企画支援など
バーチャル環境大学に関する調査 バーチャル大学に関する環境情報収集、実態調査
規制と環境ビジネスに関する調査 環境ビジネス動向と環境規制の関連性
見本市付帯セミナー企画支援 各種セミナー、ツアー等企画運営支援
海外業務
(環境政策、開発途上国支援)
大連市環境モデル地区整備計画 固定発生源の測定(共同調査)
環境技術海外移転パッケージ化 大連市・ホーチミン市の対応実態調査
大連市小型ボイラー性能調査 排ガス、熱測定
ホーチミン市企業の排水対策 排水処理基本設計

加入団体

  • 地方シンクタンク協議会
  • 廃棄物学会
  • 九州国際大学次世代システム研究会

発表実績

  • 垣迫裕俊、佐藤明史、宮本真伸、枌康則、山下晋、吉田康治、黒水修司

    「ゼロエミッション・相互連携支援ネットワークの構築」、第13回廃棄物学会研究発表会(京都大会)予稿集(2002)。

  • 共著、環境システム研究会編、「環境自治体ハンドブック-九州発・循環型社会への協働-」、西日本新聞社、(2004)。
  • 佐藤明史、卯城保浩、松永裕己、「エコタウン事業の類型化検討」、第15回廃棄物学会研究発表会(高松大会)予稿集(2004.11)。
  • 垣迫裕俊、小林一彦、篠原弘志、玉井健司、佐藤明史、「ゼロ・エミッションを目指した北九州エコタウンにおける相互連携の取り組み」、第15回廃棄物学会研究発表会(高松大会)予稿集(2004.11)。
  • H. Kakisako, K. Kobayashi and M. Sato, "The Kitakyushu Eco-town Project -From the resource circulating society to the sustainable society-", International Symposium on Green Technology for Resources and Materials Recycling (GRAMAR 2004), Nov. 24-27, 2004, COEX, Seoul, Koria.
  • M.Sato, Y. Ushiro and H. Matsunaga, “Categorization of Eco-town Projects in Japan”, International Symposium on Green Technology for Resources and Materials Recycling (GRAMAR 2004), Nov. 24-27, 2004, COEX, Seoul, Koria.
お気軽にお問合せください