遺伝子組換え食品(GMO)検査(定性PCR)

概要

近年、遺伝子組換え食品は世界的に広がりを見せ、今後さらに増加する傾向にあります。そのため、平成13年4月1日よりJAS法に基づく表示義務化と同時に食品衛生法に基づく表示義務が実施されています。このことにより、輸入食品の検査や国内流通食品の検査が必要となって来ています。

検査方法

原料及び加工品からDNAを抽出し、組換え遺伝子領域を左記に示すPCR装置で増幅させ電気泳動により検出を行う。

GeneAmp®PCR System2700

GeneAmp®PCR System2700

分析事例

原料及び加工品からDNAを抽出し、組換え遺伝子領域を左記に示すPCR装置で増幅させ電気泳動により検出を行う。

  • 分析事例
お気軽にお問合せください