遺伝子組換え食品(GMO)検査(定量PCR)

概要

遺伝子組換え食品(GMO)の表示義務化が始まり、食品中の遺伝子組換え体の混入是非を検査する必要性が問われています。 当事業所では、遺伝子組換え食品について、厚生労働省の公定法にも規定されているPCR法で分析を行います。検査は、原料及び加工食品から農作物のDNAを抽出し、PCR法(DNA合成酵素連鎖反応)によって、遺伝子組換え作物特有の遺伝子を増殖し、検出することによって行います。

検査方法

原料及び加工品からDNAを抽出し、組換え遺伝子領域を下記に示す装置を用い、リアルタイムPCR法で遺伝子の定量を行う。

ABI PRISM® 7000

ABI PRISM® 7000

分析事例

  • 分析事例
お気軽にお問合せください