食品中の重金属分析

概要

平成23年2月28日より、食品衛生法における米のカドミウムの成分規格値が改正されました。

従来規格値の「0.4ppm以上1ppm未満の米に関しては、工業用に利用」から、「玄米及び精米中に0.4mg/kg以下」となりました。

また、食品衛生法や国際食品規格(Codex規格)などで、カドミウム以外にもヒ素、総水銀、鉛についても基準値が設けられており、基準値の有無に関わらず食品中、製品中の重金属含有量に対し、関心が高まってきています。

検査項目

測定元素 定量下限値 分析方法 納期
カドミウム【Cd】 0.05ppm 酸分解/ICP-MS 5営業日~
鉛【Pb】
ヒ素【As】 酸分解/水素化物発生原子吸光法
総水銀【Hg】 加熱気化/原子吸光法

上記以外にも、臭素【Br】や銅【Cu】など、その他の規制値のない元素の分析も承っております。

※サンプルによって、定量下限値が変動することがあります。

  • 野菜
お気軽にお問合せください