破損原因解析

銅管の腐食原因調査事例

A. 供試材の明細 銅管

B. 調査方法および結果

a. アルミニウム表面よりのSEM観察およびEDX分析結果

アルミニウム付着物をSEM観察した結果(写真1~2)

表面は腐食された様相を呈していた

白色付着物(写真1)を分析

黒色付着物(写真2)を分析

Si、Fe、C、O、S、Clが検出

Fe→微細な鉄粉

Si→微細な砂やホコリ

S、Cl→アルミニウムはSO42-、Clによって腐食

C→使用環境(鉄工所)を考えると、旋盤加工等に使用された油類

b. 銅管穴あき断面のミクロ観察結果

穴あき部は、ほぼ全体にわたり腐食生成物で覆われた様相

銅管の貫通部近傍の外面側に軽微ではあるが腐食(写真3)

穴あきは粒界および粒内に関係なく進展(写真4)

外面側から内面側に向かって生成した孔食と推察

腐食生成物をEDX分析

Clが検出

c. まとめ

以上の調査の結果より、今回の銅管のガス漏れは

1.銅管表面に付着した水のCl-の影響によって生成した腐食

2.穴あきは粒界および粒内に関係なく進展し、外面側から内面側に向かった様相

孔食

アルミニウムの腐食生成物よりSが検出されたことから、SO42-も影響した可能性が推察される

漏れ部断面のミクロ観察(全体)

写真1 漏れ部断面の

ミクロ観察(全体)

漏れ部断面のミクロ観察(拡大)

写真2 漏れ部断面の

ミクロ観察(拡大)

漏れ部断面のSEM観察(外面側)

写真3 漏れ部断面の

SEM観察(外面側)

漏れ部断面のSEM観察(内面側)

写真4 漏れ部断面の

SEM観察(内面側)

お気軽にお問合せください