破損原因解析

黄銅継手の脱亜鉛腐食事例

A. 供試材の詳細 黄銅継手

B. 調査方法および結果

a. 漏れ部断面のミクロ観察結果(写真1~2)

外面側と内面側の金属組織は明らかに異なり、外面側には多数の孔がある(写真1)

いずれの箇所にもスケール状の異物が付着

外側は、フェライト組織が大きく、多数の浸食溝が検出

腐食生成物と推定

脱亜鉛腐食と推定

b. 漏れ部断面のSEM観察、EDX分析結果(写真3~4)

スケールを分析

継手外側(巣状部)を分析(写真3)

継手内面側を分析(写真4)

Cl、Oが検出

Cuのみ検出

・Cu+Zn(健全部)

・Znのみ(濃化部)

腐食生成物

脱亜鉛腐食

c. まとめ

以上の調査の結果より、今回の銅管のガス漏れは

1.サンプルの小径部で大小の孔あきがあり、外表面から内面側に向かって進展し貫通しており、ミクロ的に断面観察したところ、継手肉厚の2/3程度が多数の孔あきで浸出されていた。

2.更に電顕で観察または分析したところ、侵食孔あき部は健全部(Cu+Zn)とは違い、 ZnがないCu主体の特異な組成となっていることが判明した。

3.内面側ではZnが濃化した部位が検出されるなど異常部も確認された。

脱亜鉛腐食

脱亜鉛腐食が発生(進行)した要因は

1.高い温度状況、液が停滞する(流速が遅い)環境

2.電食→電鉄などの迷走電流

3.塩化物イオンが多く存在する環境

漏れ部断面のミクロ観察(全体)

写真1 漏れ部断面の

ミクロ観察(全体)

漏れ部断面のミクロ観察(拡大)

写真2 漏れ部断面の

ミクロ観察(拡大)

漏れ部断面のSEM観察(外面側)

写真3 漏れ部断面の

SEM観察(外面側)

漏れ部断面のSEM観察(内面側)

写真4 漏れ部断面の

SEM観察(内面側)

お気軽にお問合せください