レーザー受託試験・装置販売

レーザー溶接技術

レーザーによる極薄鋼板の溶接方法

従来は不可能であった0.05~0.5mmの鋼板のレーザーによる突き合せ溶接を、レーザー照射法の最適化により、無欠陥、かつ優れた機械的特性で、さらに安価で高速で行います。

技術内容

1.レーザー溶接法の特徴である、非接触・高速溶接と優れた機械的特性を実現します。

2.レーザービームのスポット径を大型化(板厚の2倍以上、もしくは付き合わせギャップの10倍以上)とし、溶接欠陥の原因となるレーザープラズマの発生を低エネルギー密度でコントロールします。

3.大型化したレーザースポット径により、突き合わせ精度の緩和を行い、拘束ジグの簡素化により周辺設備の低コスト化を実現します。

応用分野

家電製品の電磁鋼板、および薄手のステンレス鋼板の接合、そして、これらの連続製造ラインでのコイル継ぎ溶接 などに適用できます。

  • レーザーによるコイル継ぎ(プラズマ有効利用CO2レーザー溶接法)
  • レーザー溶接によるCAPLラインの連続化

    レーザー溶接によるCAPLラインの連続化

プラズマ有効利用法による高効率・高強度のレーザー溶接技術

従来のレーザー溶接 プラズマ有効利用法によるレーザー溶接
従来のレーザー溶接 プラズマ有効利用法によるレーザー溶接

従来法

溶融凝固金属がワインカップのような形になります。接合部を中心に反り返り、強度も十分ではありません。

新手法

溶融凝固金属がストレートです。熱ひずみの発生は同じ方向で、材料の変形はありません。高い強度の接合ができます。

  • レーザーによるコイル継ぎ(面熱源レーザー溶接法)
  • コイル継ぎ溶接装置による0.2mm厚の鋼板溶接断面図

    コイル継ぎ溶接装置による0.2mm厚の鋼板溶接断面図

従来法 新手法
これまでのレーザー溶接法では、細く集光したレーザービームを用います。そのため、溶接線に対し、高い位置合わせ精度が必要です。また、溶け落ちなどの溶接欠陥が生じてしまいます。 面熱源法によるレーザー溶接では、高い突き合わせ精度が必要ありません。また、このように極薄の金属の溶接が、溶け落ちず、安定に溶接できます。

DDLとは、Direct Diode Laser

高出力(大出力)レーザーを使った溶接加工・切断加工、高出力DDL装置による焼入れ・穴あけ・改質や大出力DDL装置での表面改質・ペイント剥離に最適です。

お気軽にお問合せください