非破壊検査(NDI)・計測サービス

磁気探傷試験

磁粉探傷試験(MT)は表面きずを検出する試験です。

MTは磁性体(鋼材)の表面あるいは表層近くに存在するきずの探傷に適用します。

原理

試験体(強磁性体)を磁化すると、試験体中に磁束が流れます。

表面または表面近傍に割れなどのきずが存在すると磁束が乱れ、ついには漏洩します。

これに磁粉を散布すると、きず部に磁粉が吸着され指示模様が形成されます。

この模様は実際のきずよりも拡大されていますので、目視観察でも精度高く検出できます。

  • 磁粉探傷試験の原理

    磁粉探傷試験の原理

探傷方法の分類

  • 磁化方法

    極間法、コイル法、プロッド法、軸通電法等

  • 磁化、試験時期

    連続法、残留法

  • 磁粉の種類

    蛍光磁粉、非蛍光磁粉(黒色、白色)

実施例

  • 鉄鋼製品の製品検査
  • 鋼溶接部の検査
  • 機械部品の疲労割れ検査
お気軽にお問合せください