非破壊検査(NDI)・計測サービス

浸透探傷試験

浸透探傷試験(PT)は表面きずを検出する試験です。PTは金属や非金属の表面開口きずの探傷に適用します。

原理

試験体表面に浸透液を塗布すると、開口したきずに浸透していきます。

一定時間経過後に余剰な浸透液を除去し、その後現像液を塗布して、きずから浸透液を毛細管現象により吸い出させます。

この模様は実際のきずよりも拡大されていますので、目視観察でも精度高く検出できます。

浸透探傷試験の原理

浸透探傷試験の原理

探傷方法の分類

  • 浸透液の観察方法

    染色法、蛍光法

  • 浸透液の除去法

    溶剤除去性、水洗性

  • 現像法

    速乾式法、湿式法、乾式法

実施例

  • 製品のきず検査
  • 溶接部のきず検査
  • 機械部品の疲労割れ検査(染色法)
  • 容器の漏れ検査
お気軽にお問合せください