非破壊検査(NDI)・計測サービス

鉄筋コンクリート検査

高速道路、トンネル、ダム、建築物などのコンクリート構造物は、設計で期待されている性能を確保するために、適切な検査を行う必要があります。

当社はコンクリートや鉄筋について各種の検査を行ない、構造物の健全性を診断します。

検査方法

  1. コンクリート内の鉄筋探査、かぶり厚測定、配管や電線配置の調査、空洞ジャンカの調査
    a.電磁波法(レーダー法)
    b.電磁誘導法
  2. コンクリートの劣化診断
    a.外観・割れ:目視観察、CCDカメラ、ひび割れ、変位・歪測定
    b.ひびわれ深さ:(超音波回折法、超音波表面波法)
    c.圧縮強度:(シュミットハンマー法、コア採取法)
    d.中性化試験:(フェノールフタレイン法)
    e.塩化物量測定:(蛍光X線分析)
    f.EPMA分析:(元素分布分析)
  3. コンクリート構造物の変位・ひずみ測定
  4. 鉄筋の腐食進行状況調査、診断
    鉄筋腐食:鉄筋腐食センサー(弊社開発:2重対極式交流インピーダンス法、自然電位法)
  5. CFT(外層:鋼材、内部:コンクリート)部材の充填状況の調査
    内部コンクリートの充填状況:超音波法

検査手順

  • 検査手順

製造ラインにおける高速検査ならお任せ下さい。コストパフォーマンスに優れたシステムとしてご提案することができます。

お気軽にお問合せください