熱物性評価

有機材料および無機材料から金属材料まで、各種材料についての比熱・熱伝導率などの熱的特性についての試験・調査を行い、その物質が持っている熱に関する物性を一貫して評価することが可能です。

主な試験・分析項目

  • 熱重量測定

    加熱時の重量変化を測定する。

  • 熱量測定

    加熱・冷却時の物性の変化や比熱などの熱量を測定する。

  • 熱膨張測定

    加熱による物質の収縮・膨張量を測定する。

  • 熱伝導率測定・熱拡散率(温度伝導率)測定

    熱の伝わりの早さを測定する。

  • 熱分解ガス分析

    熱分解および燃焼による発生ガスの同定を行う。

  • 機械

     

主な試験装置

  • 示差熱-熱重量同時測定装置(TG-DTA)

    測定温度:r.t.~1600℃

  • 測定項目:熱重量変化(増加・減少)、示差熱測定(発熱・吸熱)

  • 示差走査熱量計(DSC)

    測定温度:-150~600℃(低温用)、r.t.~1600℃(高温用)

    測定項目:融解・結晶化温度、ガラス転移点、融解熱量、比熱

  • 落下型高温熱量計(ドロップ式)

    測定温度:600~1500℃

    測定項目:比熱

  • 断熱型比熱測定装置

    測定温度:100~800℃

    測定項目:比熱

  • 熱機械分析装置(TMA)

    測定温度:-130~600℃(低温用)、r.t.~1300℃(高温用)

    測定項目:熱膨張・収縮量、線膨張係数、ガラス転移点、軟化点

  • 押棒式熱膨張測定装置

    測定温度:r.t.~1700℃

    測定項目:線膨張係数、熱膨張、焼結収縮挙動

  • レーザーフラッシュ熱物性測定装置(LFA)

    測定温度:r.t.~300℃(低温用)、r.t.~1400℃

    測定項目:熱拡散率(比熱)、熱伝導率

  • 温度傾斜法熱伝導率測定装置

    測定温度:室温近傍~150℃

    測定項目:熱伝導率、熱抵抗

  • 熱線法熱伝導率測定装置

    測定温度:r.t.~1300℃

    測定項目:熱伝導率

  • 熱分解ガス分析装置(Py-GC/MS)

    測定温度:r.t.~1050℃

    測定項目:熱分解生成物同定、発生ガス同定

  • 溶融性試験装置

    測定温度:r.t.~ 1670℃

    測定項目:軟化点、融点、溶流点(酸化性・還元性ガス雰囲気)

  • 高温ヤング率・剛性率測定装置

    測定温度:r.t.~1000℃

    測定項目:高温ヤング率、高温剛性率

  • LFA(低温用)

    LFA(低温用)

  • TMA(高温用)

    TMA(高温用)

  • Py-GC/MS

    Py-GC/MS

  • 溶解性試験装置

    溶解性試験装置

測定事例

  • 金属材料

    ・金属の高温酸化度合

    ・形状記憶合金の変態点

    ・合金の析出相温度

    ・線又は板材の熱膨張率測定

    ・低膨張合金の熱膨張率測定

    ・溶射皮膜の熱伝導率測定

    ・複合(多層)材の見掛けの熱伝導率測定(定常法)

    ・耐熱鋼の高温(>800℃)比熱測定(ドロップ法)

    ・連続比熱測定による磁気変態測定(断熱法)

    ・Ni基合金の融解潜熱測定(ドロップ法)

    ・高融点鋼(Ti合金等)の融点測定

  • 無機材料

    ・ガラスの結晶化度

    ・ガラスの高温ヤング率・剛性率測定

    ・lC基板および成形断熱材の熱伝導率

    ・透光材の熱伝導率測定

    ・粉末成形体の焼結収縮挙動測定

  • 有機・高分子材料

    ・シリコンオイルのガラス転移温度測定

    ・ポリスチレンのガラス転移温度

    ・ポリマ-の熱分解生成物同定

    ・高分子の水分吸着量とガラス転移点

    ・シュウ酸カルシウムの加熱による物性変化の評価

  • 試験・分析事例をもっと見る
  • TMA(低温用)

  • LFA(高温用)

お気軽にお問合せください