示差走査熱量計(DSC)

測定原理

基準物質と試料を同様な熱容量になるようそれぞれ秤取り、炉を一定速度で加熱昇温すると(Th)、炉内の試料と基準物質はそれぞれ同じ昇温速度で加熱されます(Ts,Tr)(図1)。

相変化などの状態変化または、化学変化等がない場合、基準物質の昇温速度Trと試料の昇温速度Tsの差δTs(または熱量の差dqs)は一定ですが、例えばここで温度t1において試料に相変化が生じるとします。すると、基準物質では昇温速度が一定のままですが,試料では相変化が完全に終わる(t2)まで、温度が上がらなくなります。

このように、両者間の温度差の変化で、相変化の開始・終了温度、また、ピーク面積より、相変化に要した熱量を求めることができます。

  • 図1 DSC(示差走査熱量測定装置)の構成概要と原理図

    図1 DSC(示差走査熱量測定装置)の構成概要と原理図

装置および装置の仕様

測定装置 NETZSCH社製 DSC3500 Sirius NETZSCH社製 DSC404 F1 Pegasus
測定雰囲気 Arフロー Arフロー
エンタルピー測定
変態温度測定
測定温度 -170℃~550℃ 室温~1600℃
試料量 約20mg 約20mg
比熱容量測定 測定温度 -100℃~500℃ 100℃~1400℃
試料形状 φ5×1 (mm) φ5×1 (mm)
お気軽にお問合せください