文化財の分析調査

当社では、さまざまな文化財について、最新の技術手法と科学的分析調査を通じて学術的・歴史的な調査研究のお手伝いをさせていただきます。

調査対象は、鉱滓(スラグ)等の鉄や銅生産に関わる遺物をはじめとして、各種鉄器類や青銅器、銅鏡、銅剣などの銅製品、ガラス玉、鉛玉、漆喰、琥珀、塗料、顔料など多岐にわたります。

長年、文化財研究所、埋蔵文化財センター、文化財保存協会、大学、教育委員会、地方公共団体よりご依頼を頂き、調査実績を多数有しております。遺跡出土品・文化財の調査は是非お問合せください。

分析調査内容

1.対象品

  • 古代~近世の鉄・銅生産関連遺物:鉄滓・鉄塊(製鉄~鍛冶)、銅滓・銅塊、炉壁・羽口、取鍋・坩堝、鋳型等
  • 鉄製品:鉄鎌、鋤鍬先、鉄鍋、鉄剣、鉄刀、鉄鉾、鉄斧、鉄鑿、鉄釘など
  • 青銅(銅)・黄銅・鉛製品:銅鏡、銅剣、銅銭、相輪部材、銅釘、飾金具、鍋、香炉、ジーファー(簪)、鉛玉等
  • 近代産業遺産に関わる金属製品や耐火物:建築・構造部材(板・ボルト・ナット・釘など)、レール、煉瓦等
  • その他:ガラス玉、漆、塗料、顔料、琥珀、漆喰、文化財雰囲気ガス など

2.分析調査方法

多種多様な対象品に対し、調査目的にあった分析装置、手法を選択して調査いたします。

非破壊分析、微小試料、サンプリングについてもご相談ください。

  • 成分組成を調査する方法:化学分析;ICP-AES、ICP-MS、GC-MS、蛍光X線、EPMA、EDS、IR等
  • 化合物形態を調査する方法:X線回折(XRD)、XPS、ラマン分光等
  • 局所的元素分布を調査する方法:EPMA、EDS、AES等
  • 形態、構造、金属組織を調査する方法:X線CT、X線透視、SEM、三次元計測、光学顕微鏡等
  • 含鉛試料の原料の産地を推定する方法:鉛同位体比分析

3.調査・解析事例

  • 鍛冶遺構出土品の金属学的解析調査
  • 日本刀の解析
  • 製鉄遺跡から出土した製鉄原料と滓の分析
  • 文化財の鉛同位体比分析
  • 文化財建造物の塗装材料の分析

*主なご依頼元

文化財研究所、大学、教育委員会、文化財センター、文化財保存協会、博物館、地方公共団体 など

4.学会発表・調査事例

学 会 件  名 調査対象品 分析調査法 発表年
日本文化財科学会 愛知県新城市長篠から出土した鉄砲玉の鉛同位体比 鉄砲玉 鉛同位体比 2017
日本中国考古学会 古代中国の鋳造鉄器・鉄素材が弥生時代
~古墳時代初頭の鉄器製作に与えた影響について
鋳造鉄斧
鉄素材
X線CT
金属組織
2014
アジア鋳造技術史学会 三重県津市下川遺跡出土八稜鏡の分析調査結果 銅鏡 EPMA,ICP
金属組織
2014
日本考古学協会 弥生時代鉄器の理化学的分析 鋳造・鍛造鉄器 EPMA
金属組織
2012
たたら研究会 百済寺跡・檜隈寺周辺の生産関連遺物の分析調査 鍛冶・鋳銅関連遺物 EPMA,ICP
金属組織
2012
日本文化財科学会
文化財保存修復学会
文化財建造物塗装材料の分析 ~談山神社の塗装~ 塗装材料 Pyro-GC/MS
IR
2011
アジア鋳造技術史学 黒崎鋳銭場における馬白目(鉛製錬スパイス)の利用について 鋳銅関連遺物
銅銭(模鋳銭)
EPMA,ICP
金属組織
2010
日本文化財科学会 熱分解-ガスクロマトグラフ・質量分析による出土琥珀の産地推定について 琥珀 Pyro-GC/MS 2010
2009
お気軽にお問合せください