数値解析シミュレーション

NSSTは、永年、新日鐵住金グループで培われた技術を用い、計算だけでなく、材料およびその評価・解析技術、非破壊検査技術などとの複合化により、問題解決を図ります。

コンピューター

シミュレーションによる

現象解明

トラブル

シューティング

設備・装置の

最適設計および

開発の支援

様々な数値解析の経験

パラメータ取得のための試験実施力

材料特性の知識

構造解析(応力・変形)

  • 構造体の種類

    骨組み構造、板・シェル構造、3次元ソリッド構造 等

  • 対象の材料

    金属、レンガ、セラミックス、土、岩盤、コンクリート、樹脂・ゴムなど高分子材料、積層材料・複合材料 等

  • 解析機能

    弾性解析、弾塑性解析、クリープ解析、大変形解析、座屈解析、大ひずみ解析、接触・摩擦解析、動解析、衝突・衝撃解析、破壊解析、動的非線形衝突解析、LS-DYNA解析 等

流動解析

  • 流体の性質

    非圧縮性流体(水、油、溶鋼 等)

    圧縮性流体(気体一般)

  • 流動の状態

    層流、乱流、自由表面流、流れ・温度連成、充填層流れ 等

その他

  • 構造解析

    機構解析、レンガ積み構造体解析、亀裂破壊解析

  • 物流シミュレーション
  • プロセスシミュレーション

    凝固解析

  • 数理最適化

解析事例

現象解析

  • 薄鋼板の成形加工解析

    ・加工の限界(破損)の把握と形状凍結性の把握

    ・有限要素法(シェル大変形解析、接触解析)

    ・着眼点:接触や大変形の計算上の不安定対策、スプリングバックの正確なモデル化、計算時間

    ・現実的計算時間内での加工後解放後のスプリングバックまで可能

薄鋼板の成形加工解析
  • 溶接の温度分布・残留応力解析

    ・厚鋼板の溶着部直近の残留応力レベル把握

    ・有限要素法(3次元非定常熱伝導解析、熱弾塑性解析)

  • 凝固解析

    ・伝導解析による凝固境界の推定

    ・特徴:鋳型とのギャップを考慮

溶接の温度分布

トラブルシューティング

  • ボルトの疲労強度解析

    ・ボルトの破損の原因解明

    ・有限要素法(弾塑性解析)

    ・高/低サイクル疲労シミュレーションでの表現

    ・原因を特定し、対策完了

ボルトの疲労強度解析
  • レールの内部損傷解析

    ・高強度レール内部損傷の原因解明

    ・有限要素法(3次元弾塑性解析)および剛体―ばねモデル法

レールの内部損傷解析

最適設計支援

  • 高温容器の熱応力・変形解析

    ・変形や亀裂の原因究明と寿命予測

    ・有限要素法(熱弾塑性クリープ解析)

    ・着眼点:材料クリープ則の設定、クリープ解析の効率化

高温容器の熱応力・変形解析
  • 設計形状最適化のための応力解析
  • クランク軸の曲げ応力解析

    クランク軸の曲げ応力解析

  • ホイールの応力解析

    ホイールの応力解析

  • 溶接構造物の応力解析

    溶接構造物の応力解析

お気軽にお問合せください